スマホにご注意

朝霞市・新座市Sumiピアノ教室です。こんにちは。

今は昔、携帯電話の黎明期には、肩からショルダーバッグのように掛ける巨大サイズの電話がありました。一度だけ目撃したような記憶が。

それが今はどうでしょう。ガラケーを経て片手の掌中にフィットするスマホというコンピュータが一人一台という時代になりました。その是非は別として、小学生でも持っている時代です。

さて、人類史上、スマホなるものを使い始めたのは極々最近の話であり、人間の身体は未だスマホに適応しているとは言えません。モニタサイズにもよりますが、130~150g位の四角くて硬い物質を握って指で操作するので、長時間の使用や姿勢には注意が必要です。もし、手指に違和感が生じたらスマホが原因かもしれません。

フェルデンクライスの先生はスマホもパソコンも最小限度しか使わないと仰っていました。人間の身体の原理に反するから、と。全くその通りだと思います。私も極力パソコン、スマホは使わないように心がけています。

親指操作をしない、長時間使用しない、自分の手のサイズ、体力に合った重量のスマホを選ぶ、これらは基本のキですが、もう一つ、私が使って良いと思った製品があります。手指のリハビリ用製品なのですが興味のある方は直接お訊ねを。一昨年、指を大怪我した時に探し当てて大変重宝しました。スマホやパソコン使用時の助けとなります。

固いものを噛まなくなった人間の顎は細く小さくなり、智歯(親知らず)が埋伏したまま生えてこない、或いは最初から存在しないという進化というか退化を経てきました。マンモスを丸齧りしていた(のか?)、太古の時代とは食生活も住環境も大きく変わり、親知らずは出番がなくなってしまったのです。

スマホ操作に人間の身体は適応すべく進化していくのでしょうか。いや、人間の進化よりも先に、スマホ自体が違うものへと変化していくでしょう。100年後の人々は2019年の様子を見て、「うわ~、随分とレトロなものを使っていたんだね」と必ず言うでしょう。最先端技術もいつかは回顧されるものとなるのは人類発展の宿命です。身体を傷めながら機械に使われる、そんな時代は遠いものとなっているに違いありません。

 

 

 

嬉しいご報告&リサイタルに行きました

朝霞市・新座市Sumiピアノ教室です。こんにちは。

台風一過、うだるような暑さが戻ってきました。気温の上昇とともにパフォーマンスの低下が否めない昨今ですが、あと少しの辛抱です。辛抱です。辛抱…

ここで嬉しいご報告を。小4のKちゃんが学内音楽会の伴奏ピアニストに選ばれたとのことです。おめでとうございます!

先日、ある演奏家のピアノリサイタルに足を運びました。最近は若い&物凄く若い方々の演奏に触れる機会がとても多かったので、年輪を重ねた熟成という深みと包容力のある演奏に心から感動しました。

 

リカバリーウェア

朝霞市・新座市Sumiピアノ教室です。こんにちは。

スポーツウェアの世界も日進月歩で、疲労や怪我の軽減を目的としたウェアが続々と世に出てきています。

アスリートが飛行機の移動中に着用するというリカバリーウェアを1着持っています。今やスポーツ界では定番となった圧着タイプのウェアもありますが、こちらのウェアは繊維に特別ミラクル物質が織り込まれているとのことで、睡眠時やオフ時に着用するだけで疲労が軽減するというキャッチフレーズ。

購入してからゆうに3年以上は経過していますが、着用の感想は悪くありません。旅先で枕が替わった時やジェットラグで昼夜が逆転してしまった時には心強い味方になるのでは。なかなか良いお値段の商品なので、効果的であって欲しいというプラシーボ効果もあるのかないのかですが、生地の感触、質感がトロ~ンと眠りを誘うのですよ。不思議なことに。

ピアニストはアスリートと同じです。身体に無理を強いる練習はもっての外ですが、疲労を残したままでは日々の練習でマイナスが蓄積していくばかりです。故障を避けるためのウェアが世の中にはあるよ、という情報でした。