祝・最優秀伴奏者賞

朝霞市・新座市Sumiピアノ教室です。こんにちは。

当教室のHさんが中学校の合唱コンクールで最優秀伴奏者賞を受賞したとの報、おめでとうございます。
大変な状況下、指揮や合唱のクラスメートと心をひとつにして音楽を創り上げていった経験はかけがえのないものとなったことでしょう。記念に、素敵な笑顔の写真を撮影しました。

 

右か左かクロスドミナンス

朝霞市・新座市Sumiピアノ教室です。こんにちは。

保守またはリベラルを問うのではなく。一般的に殆どの人が右利きで、ごく稀に左利きの人が見受けられるという比率ですが、学校や職場など様々なコミュニティを見渡しても左利きは少数派だと思います。当教室の歴代生徒さん方も9割は右利きです。駅の自動改札やハサミなど世の中の道具やシステムも右利きを前提に作られています。私も右利きですが、或る時、左手(足)使用の頻度が高い動作があることに気づきました。

右→
字を書く
絵を描く
箸やスプーンを持つ

左→
自動改札でピッする
米研ぎ
瓶やペットボトルの蓋の開閉
ATM操作
電卓
丸めたティッシュをゴミ箱に投げ入れる(モノグサしないように)
ボールを蹴る
ピルエットは左軸左回り
カップの持ち手
印鑑を押す
鍵の開閉
etc.

左利きではないので上記の動作は右側でも出来ますが、その時の違和感はゼロ~MAXまで様々です。自動改札は体の前で腕がクロスしますが右では違和感大で前転してしまいそうになります。お米も右で研ぐとザザザと大事なお米を流してしまいそうで違和感大です。ピルエットの右軸右回りは低速グラグラ回転にも関わらず瞬時に酔ってしまいます。他は動作可能なスペース、その日その時の天気や気分に応じて無意識に左右使い分けている感じです。

自動改札で思い出したのですが!タッチする場所に何故かお饅頭が置かれていたことがありました。パスモと間違えてお饅頭でタッチを試みた人が居たようです。お供え物のように自動改札に鎮座するツヤツヤのキレイなお饅頭にロマンを感じずにはいられませんでした。

さて、私のように両利きではないけれど一定の動作のみ左手に変換される、もしくは使い勝手が良いという場合をクロスドミナンスと言うそうです。言葉の響き的にドッペルドミナントと似て…ないか。
ポール・マッカートニー、ジミヘンは左利きなのでギターは逆に抱えています。弦はどうやって張るのかな?鏡に映して練習するのかな??また考えることが増えて面白くなってきました。

 

 

6年ぶりの再放送

朝霞市・新座市Sumiピアノ教室です。こんにちは。

“のだめカンタービレ”の地上波再放送が6年ぶりに9月9日から開始されるそうです。

昨日、小学4年生のMちゃんに「のだめって知ってる?」と聞いたところ、知らない!とのこと。6年ぶりの再放送となれば、本放送はもっと前だったわけですし、年若い世代が知らなくても当然ですね。

音楽大学が舞台のこのドラマは当時大ヒットし、若い世代を中心にクラシック音楽ブームが沸き起こりました。原作本を生徒さんが貸してくれたっけ。

デフォルメおよびクセ強しのキャラやエピも登場しますが、何よりも珠玉の名曲が溢れていることと演奏シーンのリアリティに惹き込まれます。今日の料理とペトルーシュカのシーンは…Oops,ネタバレは自粛で。

 

 

小さなお客さん

朝霞市・朝霞市Sumiピアノ教室です。こんにちは。

今年は梅雨明けが遅く、来週からは学校も始まります。短い夏はとにかく酷暑が続いています。適宜水分を摂って体調に充分気を付けて過ごしましょう。

さて先日、当教室に小さな可愛いお客さんが来てくれました。Kちゃん、Aちゃん姉妹の“弟”くん、ライちゃんです。生まれて半年余り、姉さま達は本当によく弟くんの面倒を見ています。

 

 

何故か私も一緒にお散歩に行くことに

また遊びに来てネ!

 

 

 

 

皆勤賞おめでとう!

朝霞市・新座市Sumiピアノ教室です。

Kちゃん、皆勤賞おめでとうございます。今年は年度を跨いで学校もレッスンもお休みとなってしまった関係で表彰が遅くなってしまいましたが、1年間努力を重ねてきましたね。Kちゃんはピアノの音色がとても綺麗です。ピアノも優しい綺麗な音で奏でて貰えたらとても嬉しいのですよ。Kちゃんの益々の成長が楽しみです。

カプースチン

朝霞市・新座市Sumiピアノ教室です。

昨日も今日も、その作曲家の作品を練習していました。大好きなピアニストでもあるニコライ・カプースチンが7月2日に鬼籍に入ったとの報。哀悼の意を捧げます。

同時代を生きるこの偉大な音楽家を心からリスペクトしていました。手の痛みで何十年も思うようにピアノが弾けなかった私は、友達から貰ったカプースチン自作自演のCDを聴いて頭を“ぶん殴られた”ような衝撃を受けました。何てcoolなんだろう!と。
この曲を死ぬまでに絶対弾けるようになりたい!その気持ちが今の自分の原点です。あの時に友達がCDをくれなければ、カプースチンと出会っていなければ、完全にピアノを諦めていたかもしれません。決して易しい道のりではありませんでしたが、気がつけば、あの時自分に誓った夢は叶っていました。また、諦めなければ夢の実現をサポートしてくれるメンターと必ず出会えるということも学びました。

カプースチンの作品は世界中の後の世の人々に愛され続けていくことでしょう。作品の生命は永遠です。悲しみの中にあって希望を見出すことができます。
合掌。

ショパンへの憧憬

朝霞市・新座市Sumiピアノ教室です。こんにちは。

雨の週末、いかがお過ごしでしょう。先日、“ショパンー200年の肖像展”に足を運びました。演奏会や講演会も併せ、多角的に企画されていた同展はコロナの影響で縮小開催となった模様でした。それでも、ショパンの音楽にインスパイアされた作家の作品群、ショパンと日本のピアノ界の歩み、ポーランドの風景、ジョルジュ・サンドとの出会いと別れ、ショパンの肖像画やブロンズ像、貴重な直筆楽譜、ショパンコンクールの歴代ポスターなどなど大変見応えのある企画展でした。場外には一色まこと先生のピアノの森の原画も展示されていました。

ショパンの音楽にインスパイアされた作品群は、作家の様々な感性に触れることができ大変興味深かったです。同じ音楽に触れても、その人の中に広がるイマジネーションはアンリミテッドという自由の翼を持っているのです。アンディ・ウォーホル調のショパンは最近の作品だったと思いますが(図録が無いので全て記憶に頼っています)、ユニークだなぁと思いました。グランドピアノのカバー、カーテン、テーブルクロスなどにプリント加工したらお部屋がシャレオツに変身、なーんて思ったり。ピアノ協奏曲第1番と題された白いカンバスに青い絵の具の筆が激しく運ばれた作品の前では、胸が締め付けられるような苦しさと痛みに涙がポロポロと。芸術作品は受け取る側の自由も無限大です。美術展は、他の人が素通りする(かもしれない)作品を前に、電光石火の如くスイッチがONになることがあるーというのも大きな魅力のひとつです。

現在放送されている朝ドラのエールは作曲家の古関裕而をモデルとするドラマですが、仕事部屋には玩具のピアノがあるのみで、作家が原稿用紙に向かうが如く音を全く出さずに五線譜に向かうシーンが沢山出てきています。専門的な音楽教育を受けずとも絶対音感を身につけたという天才作曲家ならではの描写でしょう。シューベルトは賑やかなカフェで作品を書いていたと読んだことがありますし、ベートーヴェンは聴力を失うという艱難辛苦にあって、人類の遺産となる作品を沢山残しました。五線譜に書くという作業は、頭の中で鳴っている音楽をアウトプットするという作業なのです。
一方、即興演奏が得意だったというショパンの作曲方法はピアノの前で心の赴くままに音楽を紡ぎ出すという方法だったそうです。即興演奏はいつでもどこでも同じ演奏とは限りません。生き物なのです。ショパン作品がエディションにより様々解釈されるのは、そんな作曲方法に理由があったとも感じますし、実際、献呈用、出版社に渡す用、弟子への書き込みなど同じ曲でも何種か楽譜を書き遺していました。

ショパンは現在の日本でも深く愛され続けている作曲家です。沢山の方々がショパンの魂に会いに来ている、そんな風に感じました。密状態を少しでも緩和するために長居は出来ません。またどこかで会える日が来ますように。

左:NYのMET博物館に展示してあっても不思議ではないような貴重なスタインウエイ。

右:大きな熊さんがお出迎え。見切れて『ンョパン』。

 

 

with

朝霞市・新座市Sumiピアノ教室です。こんにちは。

先週より消毒、換気、密を避ける対策をした上で対面レッスンを再開しました。リモート画面の向こうで何度も会っている生徒さん、久々の再会となった生徒さん、もれなく皆さん目測15.315%ほど手も身長も成長していました。成長することは大変喜ばしく良いことです。対面レッスンの期間が空いてしまった分、お家での自主練が大変進んでいたことが分かったと同時に、我流が固まる前に今の身体の状態にあったフォームや弾き方に正しくシフトしていく必要があると強く感じたレッスンでした。

新学期が6月となった皆さんに学校の様子を聞くと、分散登校や熱中症対策のためマスクなしの場合はお喋り禁止との事情により、まだ新しい友達が出来ないとのことです。また学習状況は、休校期間中の後半に宿題が沢山出たりYou tubeで動画授業を受けていたという生徒さんも。

また元の日常が戻ることを願っていますが、油断は禁物です。