速度記号の手前に牛

朝霞市・新座市Sumiピアノ教室です。こんにちは。

テキストがだんだん進んでくると、曲の冒頭に速度記号が出てきます。Alleglo、Allegretto、Moderatoなど。親切なテキストだと子どもにも分かりやすいように、日本語で「はやく」「ややはやく」「中くらいのはやさで」などと続けて書いてあります。

さて、この速度記号、譜読み段階では忠実に守る必要はありません。特に速いテンポを指定されている場合は。譜読みが完成していないうちからテンポばかりにとらわれていたらば、楽譜を正確に読み解いでいくことがなおざりになってしまいます。そして、楽曲の命である音色作りのプロセスがスコーンと抜けてしまう。

新しい曲を貰ったら牛のようにゆっくりと。これ基本ね。あるピアニスト(リヒテルだったかな??ちょっと失念)の練習は、何の曲を練習中なのか他人には全然分からなかったそうです。この意味分かりますね。じゃ、またレッスンでお会いしましょう。