朝霞市・新座市Sumiピアノ教室です。こんにちは。

今日はショパンの命日です。6年ぶりの開催となった第18回ショパンコンクール、昨夜3次予選の最終日が終了し、日本時間の本日早朝に本選出場者22名が発表されました。日本人では小林愛実さん、反田恭平さんのお名前が。ショパンコンクールは毎回命日に合わせて開催されます。

日本人の演奏は可能な限りリアルタイムで聴いていました。夜中の配信では睡魔と戦いつつ半分夢心地になっていた日も。途中からイヤホンで聴くと臨場感が大変溢れる音が伝わってくることに気づきました。生演奏を聴きに行った時、ペダルを踏んだ時のノイズとは違うのだけど体重がペダルに乗る音というか気配というか、それが広い会場に伝わる様子が配信を通してハッキリと分かったので、ワルシャワと日本の距離感、時差が一瞬にして無くなったのでした。選定した楽器の音色、音の広がり方もそれぞれに全く違うことが伝わってきました。

コンクールで頂点を目指すのは本当に大変なことですが、渾身の一音、魂の一音に、もはや優劣はないと思います。すべてのコンテスタントの皆さんが素晴らしい演奏を聴かせてくれることでしょう。世界中から応援が届いているはずです。